横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『主人公は僕だった』

2006年 アメリカ

久しぶりに見た映画は当たりでした。「作家の声が聞こえる」という設定がおもしろく、笑いのツボも私の好みにぴたりとはまりました。特に、ダスティン・ホフマン演じる文学教授のとぼけた感じが最高。ホフマンはこういう役が合いますね。
連れは結末に不満だったようですが、私としては、あまりぱっとしない(?)結末のために登場人物が大騒ぎするのもユーモアの一つかなと思ったし、そこにいたるまでの過程を十分楽しめたので満足です。"stranger than fiction"(小説より奇なり)という原題も気に入りました。

昨日、川崎チネチッタで14時の回を見ましたが、けっこう混んでいて、座席は8割以上埋まっていたと思います。25日から『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の上映が始まると劇場が混みそうだし、『主人公は…』の上映回数が減ってしまいそうなので、早めに見に行って正解だったかも?

* * * * * * *

このところ、諸事情によりブログの更新が超マイペースになっていますが、今後も覚え書き程度にときどき記事を書くつもりです。ご了承くださいませ…

  1. 2007/05/21(月) 12:17:07|
  2. 映画
  3. | トラックバック:2

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yokohamamovie.blog44.fc2.com/tb.php/156-c560bca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主人公は僕だった(ウィル・フェレル主演)

「主人公は僕だった(ウィル・フェレル主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年5月2...
  1. 2007/05/22(火) 07:46:23 |
  2. ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy

知的でチャーミングな「主人公は僕だった」

昨日(5/20)、川崎のチネチッタで「主人公は僕だった」(06)を観てきました。 公開二日目の初回11:00の上映。 客席は半分くらい埋まってたかな。 この映画、予告編を観て期待してて、その後「アクターズ・スタジオ・インタビュー」に出てたダスティン・ホフマンが若い優秀な
  1. 2007/05/22(火) 12:38:24 |
  2. 5011しねま・のーと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。