横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『めぐり逢わせのお弁当』

2013年 インド

とても、とてもおもしろかった。二人の手紙のやりとりは、絶妙でした。そして、お弁当に詰められた数々のインド料理はもちろん、お弁当の配達システム、インドのオフィスの雰囲気、通勤電車の様子など、すべてに興味をひかれました。
(最初のお弁当のおかずはキンピラゴボウに似ていたけれど、なんだったんだろう?)
ラストの余韻を残した終わり方は、ちょっと解釈に迷いましたが…

インドのことをよく知らない者にとっては、いろいろと不思議なこともありました。
登場人物は、英語とヒンズー語をどのように使い分けていたのか?
IT大国のインドで、パソコンを使わずに仕事していたのはなぜか?(高価だから?電力を浪費するから?)
お弁当に入っていたチャパティは2枚だったけれど、男性があの量で足りるのか?(軽い食事を何度もとる習慣があるとか?)
料理を手で食べている人とスプーンで食べている人がいたけれど、人によって食べ方が違うのか?
インドの人や、インドに詳しい人に、聞いてみたくなりました。

そして、ドアを開けっぱなしの電車や、電車の中での料理の下ごしらえ、臭いで洗濯ものを分別など、あまりの大らかさにびっくり…!

シネマジャック&ベティにて、22日(月)16:00からの回を鑑賞。平日のわりには、混んでいました。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/24(水) 15:07:31|
  2. 映画

『舞妓はレディ』

2014年 日本

楽しくて、おもしろかった!
舞妓や芸者の世界が『マイフェアレディ』の設定を真似たミュージカル仕立てで描かれていて、それが絶妙に調和していて、うまくできているなぁと感心してしまいました。
小春ちゃんの舞妓デビューは本当にかわいらしくて、応援したくなりました。
『Shall We ダンス?』のパロディもあり、サービス満点でしたが、日本語ペラペラのジローラモさんが日本語のできないイタリア人の役で出ていたのは、ちょっと違和感があったかも…

18日(木)にムービルにて鑑賞。

  1. 2014/09/24(水) 14:59:40|
  2. 映画

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ1375号、1376号より)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ1375号より)

"Remember, you know the ship. They don't."

(答は9/12に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら)


...続きを読む
  1. 2014/09/10(水) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?

『マリーゴールドホテルで会いましょう』

2011年

"The only real failure is the failure to try."
“本当の失敗とは、やらずにいること。”

"We get up in the morning. We do our best.
Nothing else matters."

“朝起きて、その日を必死に生きる。
それだけで十分。”

ストーリーは少し物足りなかったけれど、イギリス映画だけあってセリフがよかったです。
くすっと笑えるセリフや心に残るセリフがいくつもありました。DVDにて鑑賞。

この記事は、前回のメルマガクイズの後すぐに更新しようと思っていたのですが、暑さにかまけているうちに9月になってしまいました。
この夏は、DVDで映画を何本か見ましたが、残念ながらどれもハズレ。これから芸術の秋を迎えるので、挽回したいです!

  1. 2014/09/05(金) 14:10:53|
  2. 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。