横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『そして父になる』

2013年 日本

『歩いても 歩いても』の是枝監督の新作は、期待通り心に沁みるような物語でした。
子供の取り違えというのは、現代の日本ではほとんどあり得ないことだと思いますが、もしそうなったらどうなるんだろう…と誰もが考えながら見る映画だと思います。
もし自分だったら、たとえ血がつながっていなくても、今まで育てた子供と別れることは、きっと考えられないだろうな。一方で、血のつながった子供のことも、ずっと頭から離れないと思う…。

二組の夫婦を演じた4人が、それぞれ役に合っていてよかったです。
尾野真千子は、ああいう真面目でおとなしい感じの役も意外と合うんだなと思いました。
子供たちの演技も自然でよかったです。琉晴くんの役は、特に難しかったと思うのですが、はっとするような演技で心を打たれました。

109シネマズMMにて、10月6日(日)15:00からの回を鑑賞。満席だったか、前方が少し空いていたか忘れてしまいましたが、とにかく混んでいたので、早めにチケットを買っておいて正解でした。
映画はとてもよかったのですが、両脇に座ったカップルがポップコーンをぼりぼり大きな音を立てて食べていたのが気になり、残念でした。大きな賞をとった映画や話題作はいろいろな人が見に来るため、ときどきこういうことがある気がします。
普段は、映画は映画館で見るのが好きですが、今回は、家で誰にも邪魔されずDVDを見るのもいいかもしれない…と思ってしまいました。

でもやっぱり、リリー・フランキーの演技を見てみんなで笑うのは、劇場ならではの楽しみかな。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/09(水) 17:09:28|
  2. 映画

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ1239号、1240号より)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ1239号より)

"There is no client as scary as an innocent man."

ヒント:弁護士である主人公の父親がいつも言っていたこと

(答は10/9に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら)

...続きを読む
  1. 2013/10/07(月) 11:05:25|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。