横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ1149号、1150号より)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ1149号より)

"You'll be fine. Fifty-fifty!
If you were a casino game, you would have the best odds."


(答は2/27に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら)

...続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/02/25(月) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?

『映画と恋とウディ・アレン』

2011年 アメリカ

ウディ・アレンの映画を見るようになったのは、『おいしい生活』(2000年)から。“アレン歴”の比較的短い私にとっては、このドキュメンタリーで過去の作品などについていろいろと知ることができておもしろかったです。昔の作品では、『泥棒野郎』(1969年)がおもしろそうで見たくなりました。
彼の両親は、96歳と100歳まで長生きしたそうです。それなら息子もきっと長生きだと思うので、まだしばらく彼の映画を楽しめそうで安心しました。
それにしても、ダイアン・キートンが彼に一目ぼれしたとは意外…!

ウディ・アレンの映画で私が特に好きなのは、『おいしい生活』『さよなら、さよならハリウッド』『マッチポイント』
昨年大ヒットした『ミッドナイト・イン・パリ』もよかったけど、私としては『マッチポイント』のほうがおもしろかったし、ヒットする要素も多かった気がするけどなぁ…?
ファンとしては正統派でないのかもしれないけど、これからも自分なりに彼の映画を楽しみたいです。

シネマジャック&ベティにて、1日(金)14:00からの回を鑑賞。
昨年末この映画が日比谷シャンテで公開されたときは、横浜での上映がないならDVDを待つしかないかな…と思っていましたが、やはりジャック&ベティでやってくれました。


  1. 2013/02/08(金) 16:33:38|
  2. 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。