横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『アーティスト』

2011年 フランス

この半年ほど映画から遠ざかっていたこともあり、久しぶりにいい映画を見たなぁと心から思える作品でした。
最小限の音声を効果的に使った、現代ならではのサイレント映画。
ラスト近くのクライマックス、まったく音がないシーンがあれほど感動的とは…!
そして、ラストもとてもよかったです。

サイレント映画の良さは、想像力をかきたてられるところかもしれないと思いました。
今、何と言ったんだろう。あの人は、どんな声をしているんだろう。
思えば、昔の銀幕のスターは、声を聞くこともできない遠い存在だったのですね。

横浜ブルク13にて、25日(水)14:20からの回を鑑賞。レディースデーとはいえ、公開から日がたっているのに満席でした。(劇場に入ったときすでに暗かったので定かではありませんが…おそらく満席だったと思います)

ブルクに行ったのは、昨年4月に『英国王のスピーチ』を見て以来、ほぼ一年ぶりでした。
昨年のアカデミー賞作品賞受賞作である『英国王のスピーチ』は、スピーチをテーマにしている点で、今年の作品賞受賞作の『アーティスト』とは正反対のようでもあり、主人公が「話す」ことに悩んでいる点で、似ているようでもあり…。
いずれにしろ、両作品とも見ごたえがあり、作品賞にふさわしいと思いました。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 12:06:03|
  2. 映画

『人生はビギナーズ』

2010年 アメリカ

昨年9月以来、7か月ぶりに映画館に行きました。
シネマジャック&ベティにて、『人生はビギナーズ』を鑑賞。
予想していたのとはちょっと違った感じの映画でしたが、年を取って病に侵されても、おしゃれをして趣味を楽しみ、前向きに生きる父親ハルの姿は見ていて気持ちよかったです。映画の色彩もきれいでした。

12日(木)14時からの回を鑑賞。
帰りに映画館の近くのお店に寄りたかったのですが、この日は定休日。映画を見に行くのを翌日にしようか迷いましたが、一日でも早い方が大岡川の桜を楽しめると考えて、12日にしました。12日に行って正解でした。桜吹雪が舞い、川面に無数の花びらが浮いて、とてもきれいでした。
人はいくつになっても新たなスタートを切れることを描いた『人生はビギナーズ』。映画館の外は満開の桜。病み上がりの再スタートにふさわしい映画鑑賞でした。


  1. 2012/04/13(金) 17:44:16|
  2. 映画

『地球にやさしい生活』

2009年 アメリカ

去年、見たくて見逃した映画の一つ。DVDレンタルの情報が見当たらなかったので、思い切って買いました。(最近改めて調べたら、5月からレンタルされるようです。少し前に調べたときはわかりませんでした)

できるだけ環境に負荷をかけないためトイレットペーパーさえ使わないというやり方は、ちょっと極端な気もしますが、実際にそこまでやったのはすごいと思います。
アメリカでは、環境への意識が高い人は、ちょっと極端なやり方を選ぶ場合も多い気がします。全体としては日本をはるかに上回る大量消費社会で、もったいないという感覚が希薄なので、それに対する反動なのでしょうか。
それから、彼らが一年間「地球にやさしい生活」を貫くことができたのは、家族が皆健康だったからこそでしょう。冷暖房もエレベーターもまったく使わない生活は、健康でなければできません。そういう意味では、小さな子どもも含めて、あの生活で一年間健康を保つことができたのもすごいと思いました。むしろ、奥さんは地産地消の手作りの食事で糖尿病予備軍を抜け出して、より健康になったようです。

私も自分のできる範囲で環境に負荷をかけない生活を心がけていますが、その中でちょっと変わっているかもしれないことは、家でパンを焼くこと。
パンが好きなので、パン屋さんでおいしいパンを買うのは楽しみなのですが、袋をたくさん使う過剰包装の店が多いので、しょっちゅう買うのはなんとなくためらってしまいます。
家で焼けば包装の必要もないし、さらに国産の材料を使えば輸送にかかるエネルギーを減らすこともできます。ただ、家で焼くには電気を使うので、お店で大量のパンを効率的に焼くのとどちらがいいか一概には言えないかもしれませんが、自分なりのやり方です。

映画のDVDを買ったのは、なんと今回が初めて。普段は映画館で見るか、レンタルするか、どちらかなので。私にとってはちょっとした贅沢ですが、体調を崩していた数ヶ月間、ほとんどお金を使うことがなかったので、たまにはいいかと思いました。
ついでに『クレアモントホテル』のDVDも買ってしまいました。ハリウッド大作などメジャーな映画は、いつでもDVDを買ったり借りたりできますが、ちょっと小粒の映画だと、気づいたときには廃盤になっていることもあります。以前、それで『運動靴と赤い金魚』のDVDを買い損ねてしまいました。これからは、そういう映画は、欲しいと思ったときに買っておくことにしました。

  1. 2012/04/11(水) 19:10:46|
  2. 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。