横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ823号、824号より)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ823号より)

"You read a lot?"
"I prefer being read to."

(答は12/17に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら 2010.12.17)

...続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/12/15(水) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?

『武士の家計簿』

2010年 日本

江戸時代の武士の家族が、借金を返すために、質素、倹約の日々を送る様子が描かれていておもしろかったです。安い鱈を一尾買って、余すところなく使い切るなど、なるほどと思いました。(もっとも、鱈を丸ごと買うことは、私には真似できませんが…)
ただ、家計簿の具体的な内容がもう少し描かれていたら、と思いました。その点は、原作の本を読んだほうがいいのかも…?

11日(土)にムービルにて鑑賞。
今年も残りわずか。あと何本、映画を見られるでしょうか…?

  1. 2010/12/13(月) 15:37:29|
  2. 映画

100年残る映画

テレビ東京の『ミューズの晩餐』がおもしろいです。「100年経っても残る、名作映画と映画音楽」をテーマとした番組で、先日は『クレイマー、クレイマー』を取り上げていました。大好きな映画で、音楽もとても好きですが、あの曲がヴィヴァルディのマンドリン協奏曲だとは知りませんでした。

最近の映画で、100年経っても残るような名作があるでしょうか? ふと考えてしまいました。

  1. 2010/12/10(金) 19:07:29|
  2. 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。