横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ799号、800号より)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ799号より)

"Family is family. Blood is blood.
Don't ask questions. Just protect your own."

(your own: ここでは、your familyの意味)

ヒント:お金のために罪を犯した兄弟の悲劇

(答は10/22に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら 2010.10.22)

...続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/10/20(水) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?

『瞳の奥の秘密』

2009年 スペイン/アルゼンチン

あるテレビ番組で、おすぎがこの映画を絶賛していたので気になって見に行ったのですが、とても重厚で見ごたえのある作品でした。129分の長編でしたが、片時も目が離せず、見終わってどっと疲れてしまったくらい。特に、サッカースタジアムで犯人を追いかけるシーンは、緊迫感に満ちていました。
正義の通じない不条理、恐ろしさ、25年たっても忘れられない記憶。
事件の顛末や、主人公の恋愛の行く末は、とても映画的で現実味に欠ける気もしましたが、ああでなければ、とても救われないのかも…
アルゼンチンには死刑制度はなく、最も重い刑は終身刑です。その点についても、いろいろと考えさせられるところがありました。

アルゼンチンの映画を見たのは、たぶんこれが初めてですが、こんなに本格的な映画が作られているとは知りませんでした。
お隣の国チリでは、先日鉱山事故の奇跡の救出劇があり、テレビに目がくぎ付けに。普段は遠く感じる南米の国々を強く意識させられた数日間でした。
そして、この鉱山事故の映画化の話もすでに持ち上がっているとか。作業員のリーダー役の候補はハリソン・フォードという噂も?(未確認情報です) ハリウッドは、英語をしゃべるチリ人の映画を作ろうとしているのでしょうか。そんなことなら、『瞳の奥の秘密』の主演俳優リカルド・ダリンをキャスティングしたほうが、ずっといいと思います。
いずれにしろ、まだ救出されたばかりなのに、映画の話というのもあまりデリカシーがないような…。

11日(月)にTOHOシネマズららぽーと横浜にて鑑賞。横浜では公開2週目なのに、観客は少ししか入っていませんでした。見たい人は、すでにシャンテで見てしまったのかも?
TOHOシネマズに行ったのは久しぶりでしたが、本編の前に上映される「紙兎ロペ」が好きです。DVDも販売されているそうで、人気があるのですね。

  1. 2010/10/17(日) 11:20:59|
  2. 映画

Knight & Day

『ナイト&デイ』の原題は、Night & DayではなくKnight & Dayだということを、昨日知りました。
ちなみに、『ハート・ロッカー』の原題は、Heart RockerではなくThe Hurt Locker
カタカナ邦題から原題を推測するのは、ほぼ不可能…?

  1. 2010/10/08(金) 19:47:12|
  2. 映画

ローラ・リニー

先日、NHK BSでローラ・リニーアクターズスタジオ・インタビューを見ました。
インタビューに答え、学生の質問に応じるローラは、まさにプロの役者。彼女の役者魂を見た気がしました。年齢を重ねても活躍し続けることのできる数少ない女優の一人だと思います。
先日DVDで見た『マイライフ・マイストーリー』の話も出ましたが、この映画は脚本がとてもよかったと言っていました(第81回アカデミー賞脚本賞ノミネート作)。

  1. 2010/10/08(金) 19:46:44|
  2. 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。