横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

2009年 アメリカ

マイケル・ジャクソンには特に興味がなかったのですが、この映画の評判がとても良いようなので、見たいと思っていました。歌とダンス中心の映画なので、できれば劇場で見たいなと思っていたところ、折りよく19日からアンコール上映されることを知り、さっそく見に行きました。
スクリーンに映し出されたのは、全身全霊でいいコンサートを作ろうとリハーサルに励むマイケルと、彼を支えるダンサーやスタッフたち。それを見て、人々がこの映画に魅了される理由がわかった気がしました。
改めて見ると、マイケルの歌とダンスはとても魅力的。コンサートが実現していたらどんなにすごかっただろうと思わずにはいられません。マイケル・ジャクソンという個性は、誰にもまねできないものだと思いました。

ムービルにて、19日(土)14:10からの回を鑑賞。座席は7~8割埋まっていたと思います。40代以上と思われる年代の人たちが多かったです。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/20(日) 14:50:09|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0

『ジュリー&ジュリア』 - High calorie comedy!

2009年 アメリカ

ランドマークプラザの有隣堂がくまざわ書店に変わって間もないころ、ふらりと本を見に行きました。そのとき洋書コーナーで目にしたのが、High calorie comedy!と銘打ったこの映画の本。食いしん坊の私にはうってつけの映画かも、と公開を楽しみにしていました。
期待通りの楽しい映画で、料理ももりだくさんでした。
Is there anything better than butter?(バターより、おいしいものなんてある?)の言葉に象徴されるように、豪快でこってりした料理ばかりですが、最初のほうでジュリーが作っていたブルスケッタはとてもおいしそうで、食べてみたくなりました。
本のレシピをすべて再現して、それをブログに記録するというジュリーの発想はとてもおもしろいと思います。ただ、彼女のブログがなぜそれほど人気を呼んだのか、映画を見ただけではピンと来ない面も。ジュリーとジュリアの関係についてもなんだかしっくり来なくて、物足りなさも残りましたが、楽しく見られる映画でした。

TOHO川崎にて、13日(日)13:50からの回を鑑賞。座席は、ほぼ埋まっていたと思います。

ちなみに、来週のメルマガではこの映画のセリフが取り上げられます。
cats and dogs (どしゃぶりの雨だ)など、英語もいろいろと耳に残る映画でした。

今年の前半は去年の倍くらいのペースで映画を見ていましたが、後半になってペースダウン。年内にあと少し見られるといいのですが…

  1. 2009/12/16(水) 17:20:01|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ679号、680号より)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ679号より)

"What do you want for breakfast?"
"French toast."
"French toast. You want french toast. You got it."


(答は12/18に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら 2009.12.18)

...続きを読む
  1. 2009/12/16(水) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。