横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ607号、608号より)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ607号より)

"No women, no kids, that's the rules."

(答は6/17に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら 2009.6.17)

...続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/06/15(月) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
  3. | トラックバック:0

誰のハンサムスーツを着たい?

少し前に、『ハンサムスーツ』のDVDを見ました。主人公(塚地武雅)が、着るとハンサムになれるハンサムスーツを手に入れて、谷原章介に“変身”する話。
映画としては、残念ながら期待したほどではなかったのですが(谷原章介のはじけた演技は笑えたものの)、自分だったら誰のハンサムスーツを着たいか(誰の外見になりたいか)、いろいろ考えてしまいました。
ぱっと思いついたのは、『ジョー・ブラックをよろしく』のときのクレア・フォーラニ。あの映画の彼女は、上品で、女性らしく、とても美しかった。(そして、ブラピも美しかった)
ただ、自分のハンサムスーツに白人女性というのもピンとこないので、選びなおし。
そして、最終的に選んだのはチャン・ツィイー。かわいらしさと、上品な美しさを兼ね備えた、とてもきれいな女性だと思います。
できれば日本人女性の中から選びたかったのですが、なかなかこれという人を思いつきませんでした。
それから、夫に着てほしいハンサムスーツは、“協議”の結果、竹野内豊に決まりました。でも、他にもっといい人がいるような気もして…。
ハンサムスーツ、考え出すときりがないかも?

  1. 2009/06/10(水) 18:42:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0

4度目の『歩いても 歩いても』

先日、県民共済シネマホールにて、『歩いても 歩いても』を見てきました。
すでに3回見た映画で、今回が4度目の鑑賞でしたが、やはりよかったです。私にとって、これほど何度も見たくなる映画というのも珍しいです。
劇場で見ると、まるで自分が横山家の中にいるような臨場感を味わえます。それが、また見に行ってしまった理由の一つかもしれません。

5日(金)13:30からの回を鑑賞。映画館HPの空席状況は、いつも「まだまだ余裕」になっているので、ゆっくり出かけて開演5分前に着いたところ、座席は8割方埋まっていました。予約せずに来る人も多いのかもしれません。(この劇場は、予約優先、自由席です)
次に行くときは、もう少し早めに行こうと思いました。


  1. 2009/06/10(水) 18:31:46|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。