横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<『赤毛のアン/アンの青春』のセリフから>(メルマガ505号より)

"Why do people have to grow up and marry... change?"
“なぜ人は、大人になって結婚して…変わっていくのかしら?”

"I wish I could just hold onto those days forever.
I have a feeling things will never be the same again, will they?"

“あの頃のままでいられたらいいのに。
でも、物事は変わっていくのね。そうでしょう?”

大人になる過程で、周囲のさまざまな変化に戸惑うアンの気持ちが表れています。


スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
  3. | トラックバック:0

<『赤毛のアン』のセリフから②>(メルマガ495号より)

"Remember, you can always start everything afresh tomorrow."
“忘れないで。明日になれば、またすべて新たに始めることができるのよ。”

アンの恩師、ステーシー先生の言葉。


...続きを読む
  1. 2008/09/03(水) 14:45:33|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
  3. | トラックバック:0

<『赤毛のアン』のセリフから①>(メルマガ493号より)

『赤毛のアン』が出版されて、今年で100年。
今週はいつものクイズをお休みして、映画『赤毛のアン』のセリフをご紹介します。

今日のセリフは:
"I'd much rather be pretty than smart."
“賢くなるよりも、美人になりたいの。”

赤毛でやせっぽちで、容姿に自信のもてないアン。
「きれいになりたい」というのは、年頃の女の子にとっては切実な願い。
その気持ちがよく表れた言葉だと思います。


  1. 2008/09/03(水) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。