横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画と食べ物5 - フライドチキンとスプライト

アメリカ映画を見ると、料理が大雑把なことに驚くことが多いです。
『リトル・ミス・サンシャイン』では、家族の夕飯がフライドチキンと炭酸飲料。フライドチキンというのは百歩譲るとしても、それに合わせるのが炭酸飲料とは…!料理に甘い飲み物を合わせるのは子どもだけ、と私は思っているのですが、偏見でしょうか。だって、外で軽くすませる食事ではなく、家で三世代家族が食べる晩御飯ですよ?アメリカ人は、大人も炭酸飲料(pop)が好きということは知っていますが…。
出てくる料理は大雑把ですが、この映画は私が去年見た中でいちばん好きな映画。料理の良し悪しと映画の良し悪しは別のようです。要は、食べ物が映画の雰囲気と合っていることが大切なのでしょう。

とにかく、おいしそうでもそうでなくても、映画に出てくる食べ物が気になってしまいます。
映画と食べ物の話、止まりません。止まりませんが、今回はこの辺で。

スポンサーサイト
  1. 2008/08/09(土) 14:58:53|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0

映画と食べ物4 - ぬか漬け

最近、料理見たさにDVDを見たのが『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
思ったより料理の“出番”は少なかったけれど、その中で印象的だったのは、オカンのぬか漬け
オカンが夜中に起き出して、ぬか漬けを漬ける場面がありました。朝食べごろになるように、逆算して夜中につけるとのこと。そうか、九州は暑いからそんなに短時間で浸かってしまうのか、と思いきや、この映画の料理を担当したフードスタイリスト飯島奈美さんの著書『「料理制作」さんのレシピ帖』によれば、次のような理由があるとか。この映画の舞台となった九州では、きゅうりの皮を縞目にむいてからぬか漬けにする習慣があるそう。そのため、短時間で漬かるそうです。なるほど、納得です。

私も去年からぬか漬けを始めたのですが、普段はぬか床を冷蔵庫に入れているため、きゅうりが浸かるのには一日半ほどかかります。
先日、家庭菜園で大きくなりすぎたきゅうりをたくさんもらいました。ちょっと皮が硬いので、縞目にむいてぬか漬けにしたところ、やはり、皮をむかなかったものより早く浸かりました。味のほうは、皮をむいたものはちょっと塩味がとんがっていた感じで、皮をむかなかったほうが、まろやかだった気がします。たまたまかもしれないので、また試してみようと思います。

ちなみに、フードスタイリストの飯島奈美さんは、『かもめ食堂』や『めがね』の料理も担当されています。

  1. 2008/08/05(火) 18:16:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0

映画と食べ物3 - あんずの蜂蜜漬け

最近、季節のジャム作りに凝っています。手作りジャムの魅力は、なんといってもおいしいこと!そして、好みの甘さと煮つめ加減にできること。一度その味を知ってしまったら、もう市販のジャムには戻れません。
先日、あんずジャムを作っていたときに思い出したのは、『ノッティングヒルの恋人』
あんずジャムを作るには、まずあんずを適当に刻み、グラニュー糖をまぶして一晩置いておきます。すると、あんずから水分がたくさん出て、シロップ漬けのような状態になります。これを煮つめてジャムにするのですが、その“シロップ漬け”がおいしそうだったので、思わず一つつまんでみました。
甘酸っぱくておいしい!ジャムにせず、そのまま全部食べてしまってもいいと思ったくらいです。(もちろん、その後ちゃんとジャムにしましたが)
そのときふと思い出したのが、『ノッティングヒルの恋人』でウィリアム(ヒュー・グラント)が、出会って間もない大女優アナ(ジュリア・ロバーツ)に緊張しながらいったセリフ。

"Would you like something to eat? Uh, something to nibble - um, apricots soaked in honey?
Quite why, no one knows, because it stops them tasting of apricots...
and makes them taste like honey, and if you wanted honey,
you'd just buy honey instead of... apricots."
(何か食べる?えっと、何かちょっとつまむもの…あんずの蜂蜜漬けがあるけど?
でも、これって不思議な食べ物だよね。だって、こうするとあんずの味がしなくなっちゃうんだから。
蜂蜜の味だけになっちゃって。蜂蜜が食べたかったら、蜂蜜を買えばいいんだよね…
あんずじゃなくて。)

ユーモラスで好きなシーンですが、この文脈だと、「あんずの蜂蜜漬け」は特においしいものではなさそうです。きっと、甘すぎるのでしょうね。
このシーンを見て以来、なんとなく、あんずの加工品は特においしいものではないと潜在的に思っていたような気がします。それが先日、砂糖漬けのあんずのおいしさに衝撃を受け、唐突にこのセリフの記憶がよみがえってきたのでした。

公開中の『西の魔女が死んだ』には、ジャム作りのシーンがあるとか。近くの映画館での上映は終わってしまいましたが、DVDが出たら見てみたいです。

  1. 2008/08/01(金) 13:25:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。