横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『007/カジノ・ロワイヤル』 - こういうボンドもいい

2006年 アメリカ/イギリス

週末にムービルで見ました。
いつもの007と違う、荒削りで人間臭いジェームス・ボンド(ダニエル・クレイグ)が、予想以上によかった。ダニエル・クレイグは、男らしさと力強さの中にも知的な雰囲気を感じさせ、若き日のボンドを見事に演じていました。
アクションシーンも圧巻。特に最初の建設現場のシーンはすごかったです。
次の作品では、少し成長したボンドが見られるのでしょうか?今から楽しみです。

メルマガで取り上げられたセリフも耳に飛び込んできて、より楽しめました。
これから見に行く方、すでに見た方にもおすすめですよ↓

使えるこの一言 映画は日常会話常套句の宝庫!

ムービルは、週末なのにわりと空いていたのが意外でした。
どうしてだろう、もったいない…。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/19(火) 14:01:01|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ242号、243号)

<クイズ:どの映画のセリフ?>
"It's Christmas Eve. I'm all alone."

大人向けのクリスマス映画。

(答は12/15に掲載)

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら 2006.12.15)

...続きを読む
  1. 2006/12/13(水) 06:00:00|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
  3. | トラックバック:0

『武士の一分』

2006年 日本

昨日、リニューアルオープンを控えたムービルで見てきました。レディースデーとあってかなり混んでいて、座席はほぼ埋まっていたと思います(14時の回)。レディースデーで、しかもキムタク主演なので、女性客が多いかと思いきや、年配の男性の姿がとても多かったのに驚きました。
映画はよかったです。木村拓哉の演技は最初少し物足りなさを感じたものの、目が見えなくなってからの演技はぐっと深みを増しました。悲しいストーリーでありながら、ところどころに挟まれる笑いもよかった。ただ、宣伝のしすぎで事前にストーリーがほとんどわかってしまっていたのが、ちょっと残念でしたが…。
あの時代の日常生活がどんなものだったか、丁寧に描かれていて、それを見るためにもう一度見たい気がします。

  1. 2006/12/09(土) 14:12:21|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0

「ムービル」リニューアル・キャンペーン

改装中のムービルのリニューアル・オープンを記念して、キャンペーンが実施されるようです。

「ムービル」リニューアル・キャンペーンのお知らせ

明日9日(土)は全作品を1,000円で見られるほか、9日(土)~15日(金)はリニューアル記念として『ウェスト・サイド物語』を上映するとか(1,000円均一)。スケジュールを見ると、夜一回のみの上映のようですが、あの映画を大画面で見たい気もします。

  1. 2006/12/08(金) 11:31:20|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。