横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ205号、206号)

<クイズ:どの映画のセリフ?>(メルマガ205号より)
"The worst part of being old is remembering when you were young."
ヒント: おじいちゃん、ゆっくり旅をする・・・

(答は9/20に掲載)
(あの映画かな?と思い当たる方は、コメント欄に書き込んでください。その際、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください)

今回もちょっと難しいかもしれません?
大作ではなく、ミニシアター系の作品です。

- - - - - - - - - - - - - - - -
(↓答はこちら 2006.9.20)

...続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 09:07:24|
  2. クイズ:どの映画のセリフ?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

奥日光 - 何もない良さ

戦場ヶ原

先日までの猛暑が嘘のように、冷たい雨が降り、すっかり秋の気配です。少し前、まだ暑さが厳しかった頃、奥日光へ出かけました。戦場ヶ原、光徳牧場などを歩き、湯元温泉で一泊。湯元温泉は、ホテル・旅館などの宿泊施設が二十軒ほどあるほかはほとんど何もない、静かな温泉地です。他の観光地で見かけるような派手なお土産やさんは一軒もありません。さわやかで、涼しくて、静かで、心落ち着きます。私の大好きな場所です。いつまでも「何もない温泉地」であってほしいと思います。

戦場ヶ原の枯れた木

ずっと前から戦場ヶ原にある枯れ木。倒れて根っこの部分が見えますが、これを見るたびにダリの絵を思い出します。なんだかシュールな雰囲気が似ている感じがして…。

  1. 2006/09/13(水) 17:55:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

『キッド』 - セリフのないよさ

1921年 アメリカ
"A picture with a smile - and perhaps, a tear."

チャップリンの映画が大好きなのに、これまでなぜかこの名作を見逃していました。少し前にテレビ放送を録画しておいたものを、ようやく見ました。
子どもが孤児院に連れて行かれそうになるクライマックスのシーンも印象に残りましたが、随所に散りばめられたユーモアがまたよかった。チャップリン映画の笑いが大好きです。
このブログでは、映画のセリフについて書くことが多いですが、久しぶりにセリフのない映画のよさを味わいました。人の気持ちを表すのに、セリフは必要ないのかもしれない…と思います。
上映時間が52分と最近の映画に比べて短いのもシンプルでよかったです。

  1. 2006/09/08(金) 17:03:32|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。