横浜映画生活

心に残る映画、心に残るセリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『オデッセイ』

2015年 アメリカ

おもしろかった…!問題が起きたときに、ワトニー(マット・デイモン)が悲しんだり怒ったりするより前に、まず行動を起こすのがよかった。
ムービルにて、2月7日(日)に鑑賞。

あまり頻繁にブログを更新できないため、メルマガからのリンクを外してもらいました。
これからは、(ますます)マイペースに書いていくつもりです。

スポンサーサイト
  1. 2016/02/23(火) 12:22:01|
  2. 映画

2016年の初映画は、ショートフィルム

今年初の映画鑑賞は、1月2日にみなとみらいのショートショートシアターにて、ベストプログラム~観客賞2015~。
ベストプログラムだけあって、特に後半はおもしろかったです。
この劇場には6~7年前(?)に一度行ったことがありましたが、そのときはプログラムに当たり外れがある印象だったので、その後訪れる機会を持てずにいました。
今回久しぶりに行ってみたら、なかなかよかったです。
お正月は静かに過ごしたいと思っていたので、落ち着いた劇場の雰囲気もいいと思いました。

  1. 2016/01/06(水) 12:23:17|
  2. 映画

『007 スペクター』

2015年 イギリス/アメリカ

世の中『スター・ウォーズ』で盛り上がっていますが、私は断然『007』。
3年ぶりの新作を満喫。これで『カジノロワイヤル』からの話がすべてつながりました。
でも、なぜだろう、『カジノロワイヤル』や『慰めの報酬』と比べて、インパクトがやや弱かった気も…?
ともかく、次回作はどのような展開になるのか気になります。ボンドのキャスティングも。

12月13日(日)に、ムービルにて鑑賞。



  1. 2015/12/25(金) 16:09:15|
  2. 映画

『Re:LIFE~リライフ~』

2014年 アメリカ

ヒュー・グラント主演のコメディとくれば、見逃すわけにはいかない。というわけで、我が家からは少し遠いTOHOららぽーと横浜まで、はるばる出かけてきました。
期待通り会話がおもしろく、いろいろな映画の引用も楽しめました。
ただ、『ラブソングができるまで』や『噂のモーガン夫妻』と比べると、ちょっと物足りなかった気も…?

11月29日に、TOHOシネマズららぽーと横浜にて鑑賞。

  1. 2015/12/25(金) 16:07:19|
  2. 映画

『コードネーム U.N.C.L.E』

2015年 イギリス

『007 スペクター』の公開が間近に迫る中、また違ったタイプのスパイ映画に出会うことができました。
舞台は1960年代のヨーロッパ。スパイの道具も衣装も車もすべてクラシックで、それがこの映画の魅力になっています。
CIAとKGBのスパイを演じた主演の二人がいい!そして、ヒロインのギャビーを演じたアリシア・ヴィキャンデルも魅力的。
チョイ役で出てくるベッカムの使い方も遊び心があって気に入りました。
それにしても、国際犯罪組織の社長夫人ヴィクトリアと『エベレスト3D』に出てきた女医を同じ女優が演じているとは…!まったく雰囲気が違って驚きました。

11月24日(火)に横浜ブルク13にて鑑賞。
平日のわりには、男性客が多かったです。男子高校生のグループもいました。うん、高校生にもこういうおしゃれでおもしろい映画をどんどん見てほしいな。

  1. 2015/12/25(金) 16:04:53|
  2. 映画

『ミケランジェロ・プロジェクト』

2013年 アメリカ

先日見た『イミテーション・ゲーム』に続き、この映画でも今まで知らなかった戦争の側面を知ることができました。
なぜ命の危険を冒してまで、美術品を守るのか。それは、文化や歴史は一度失われたら、二度と取り戻せないから。
ストーク(ジョージ・クルーニー)の言葉が印象に残りました。

11月22日に、ムービルにて鑑賞。

  1. 2015/12/25(金) 16:03:37|
  2. 映画

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

2014年 イギリス・アメリカ

"Hardest time to lie to somebody is when they're expecting to be lied to."
“嘘をつくのが最も難しいのは、相手が嘘をつかれることを知っているときだ。”

BBCの『シャーロック』で初めてベネディクト・カンバーバッチを見たとき、「こんな俳優がいたんだ」と強く印象に残ったのを覚えています。
『イミテーション・ゲーム』のアラン・チューリングは、あのシャーロックを彷彿とさせるようなエキセントリックな役どころで、カンバーバッチが見事に演じていました。
それにしても、アラン・チューリング、なんという人生。そして、戦争の裏側にこんなことがあったとは…。
期待以上に見ごたえのある作品でした。

DVDにて鑑賞。

  1. 2015/11/22(日) 21:10:38|
  2. 映画

『365日のシンプルライフ』

2013年 フィンランド

この手の話を見たり聞いたりすると、自分も“片づけ欲”が刺激されて、身の回りを整理整頓したくなるのですが…この映画を見ても、そういう感じにはなりませんでした。うーん、共感できるポイントがあまりなかったのかも…?
ちょっと期待していた感じとは、違いました。

DVDにて鑑賞。

  1. 2015/11/22(日) 21:09:22|
  2. 映画

『エベレスト 3D』

2015年 アメリカ・イギリス

3Dは苦手なので2Dで見ましたが、それでもすごい臨場感でした。映像はもとより、音がすごかった。吹雪、地響きが体に響いて、まるで本当に山の中にいるような感じ。
登山家の難波康子さんがエベレストで遭難したというニュースは覚えていましたが、具体的にどういう状況だったのか、この映画を見て初めて知りました。
登山のプロとも言える人たちが、どうしてもっと慎重になれなかったのだろうか…とつい思ってしまいます。山の怖さ、厳しさがリアルに伝わってきました。

原題はEverestですが、邦題には「3D」をつけてエンタテインメント性を強調しているような感じもあり、実際に起きた事故を扱った作品としてはどうなのだろう…と少し違和感もありました。

横浜ブルク13にて、11月13日(金)に鑑賞。

  1. 2015/11/22(日) 21:07:19|
  2. 映画

『博士と彼女のセオリー』

2014年 イギリス

"However bad life may seem, there is always something you can do and succeed at."
“いかに不運な人生でも、何かやれることはあり、成功できるのです”

DVDにて鑑賞。

  1. 2015/09/23(水) 12:44:35|
  2. 映画
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。